自分では気づきにくい口臭!原因と予防方法

koshu

自分の匂いというのはどんなに気をつけていても気になってしまいます。なぜかと言うと体臭というのは自分自身では気がつきにくいというデメリットがあるからです。

中でも口臭で悩んでいる方は多く、その原因すら詳しく知られていません。今回はこの口臭について詳しく説明していきたいと思います。

口臭の原因について

一言で口臭と言っても原因は様々です。月経時や妊娠中というのはホルモンの影響により口臭が強くなることもありますし、起床時や空腹時は唾液の分泌が減るため匂いを感じやすいです。

皆さんもご存知の食べ物やアルコールによる口臭と言うのは、腸から吸収され血液中に入る事で体中にめぐり肺から吐き出されていきます。アルコールも本人がもっとも気づきにくいものですが強い匂いを回りの人に感じさせてしまう要因です。

そしてもっとも気をつけていきたいのが虫歯です。口臭と虫歯と言うと一見結びつかない気がしますが、虫歯に食べかすなどが詰まっていくと細菌が繁殖していき匂いの素となっていきます。神経の組織までいってしまうと腐敗臭まで発するようになり、ここまでいってしまうとかなりの悪臭を発してしまいますので早めの治療を心がけましょう。

また、口臭の強い方には歯周病にかかってる方も多いです。歯茎の炎症は細菌の増殖でガスを発生させ、出血や膿によって強烈な匂いを発します。普段のケアで改善されない場合は歯周病を疑ってみるのも改善の第一歩です。

口臭の予防

まずは朝・昼・晩ときちんと歯を磨き、細菌の増殖を抑えていくことです。舌の表面にも食べかすや古くなった角質がたまりますので忘れず綺麗にしていきましょう。慢性的な口臭の大半は虫歯と歯周病と言われています。医院に通い適切なケアをしていきましょう。

また唾液の分泌が減ってしまうと細菌が増殖しやすくなってしまいますので、ガムや飴などをかんで唾液の分泌を増やすことも大切です。マウスウォッシュやデンタルフロスを活用し落としにくい汚れを意識的に心がけることでかなりの効果を発揮できると思います。

http://今すぐお金が欲しい.net/27/

保存

保存