いつまでも元気でいると思うなかれ!節約してお金を貯めよう

81才の元気な父がある日突然腕が上がらなくなったと言い出したんです。畑仕事に清を出し過ぎたかな?なんて思っていたら今度は足に来て、膝に来てわずかな日にちでだんだんと立つことがままならなくなってしまったんです。

かかりつけの医者に行っても年だとかなんだかんだで話にならないんです。しかし病院を変えても同じでした。どうしたらいいかわからない日が何日も続いたある日体調がとても悪くなって救急車で運ばれたんです。そうしてそのまま入院に・・・

原因は頭に血が溜まっているとのことでした。何かの拍子で頭を打って少しずつ出血していたようなんです。入院翌日に頭に穴をあけて血を抜き取ってもらう事になりました。頭というと恐ろしい手術の様に感じますが本当に恐ろしい手術だったんです。脳を少し触るようでその後遺症で手術直後はひどい幻覚に襲われたんです。

手術中に先生と何かを口約束したけどそれは離せない!やベットの下に何かいる!などなど恐ろしいことを口にしだしたんです。そんな大変な1日を過ごしたのですが翌朝には何もなかったかのように元気になっていたんです。上がらなかった腕も翌朝には大きく上がる様になったし、歩けなかった足も今では杖が無くても歩くことが出来るまでに回復してくれました。

いつまでも元気でいてくれているのが当たり前だと思っていたのですがそうじゃないことを実感させられました。自分の親だからこそ長生きしてほしいと願うのですが、やはり元気でいてもらいたいと願うばかりです。

https://www.お金がないときどうしよう.com